ラベル&鑑賞記
http://movielogs.blog77.fc2.com/
admin
 

ブログ内検索

Translation



プロフィール

non

Author:non


~このブログに関して~
*
見た映画などの個人的な記録です。
コメント&トラバは受け付けてません。
画像の著作&肖像権は帰属します。
*


~ラベルに関して~
*
チャレンジしたての初心者が自分用に制作した、まだまだ未熟なものです。

中には私なりに苦労したものもあるので、使用後に ただ捨てるのも・・・ と思いアップし始めました。
もしもお気に召したものがあれば 持って行ってくださって結構です。
その際に「拍手」をしていただけると すごく嬉しいです♥
*

Hilight_KW

登録ツールズ+

オススメ映画

週間ページ別アクセス

歌詞検索

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2010.09.23/ 20:53(Thu)
竜馬の妻の夫と愛人
 いまや日本を代表するコメディ作家・三谷幸喜が2000年に書き下ろした舞台劇を、「東京兄妹」「東京マリーゴールド」の市川準監督が映画化。竜馬暗殺から13年後の横須賀を舞台に、亡き竜馬をめぐって4人の男女が繰り広げる一大騒動を可笑しくもペーソスたっぷりに描いたラブ・コメディ。久々の映画出演となる木梨憲武をはじめ、豪華俳優陣の競演も見どころ。
 竜馬が暗殺されて13年が過ぎた。新政府の役人・菅野覚兵衛は、師弟関係にあった坂本竜馬の十三回忌を催すため、竜馬の元妻である義理の姉おりょうを訪ねた。おりょうは西村松兵衛という冴えない男と電撃再婚し、ボロの長屋で貧乏生活を送っていた。しかし、実はこの時すでにおりょうには竜馬にそっくりの愛人・虎蔵がいた。おりょうは松兵衛と再婚したはいいが、貧乏と退屈な暮らしにすっかり愛想を尽かしてしまい、虎蔵と駆け落ちしようとしていたのだ。覚兵衛は、情けない松兵衛を見かねて、おりょうを取り戻す作戦を立てるのだったが…。

制作年・国:2002年・日本
監督:市川準
脚本:三谷幸喜
撮影:小林達比古
音楽:谷川賢作
出演:木梨憲武、中井貴一、鈴木京香、江口洋介、橋爪功、トータス松本、小林聡美



---------------- 8×キリトリセン ----------------

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]
(2003/05/21)
木梨憲武中井貴一

商品詳細を見る

ブログパーツ

スポンサーサイト
 
編集[管理者用]
 
Copyright © 2017 non@home ~ラベル部屋~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。